看護部背景
教育プログラム

看護提供方式はPNS🄬​​

PNSは看護のイノベーション

PNS🄬は、2009年に福井大学医学部附属病院で独自に開発した看護方式です。

PNS🄬の定義は、「看護師が、安全で質の高い看護を共に提供するために、2人の看護師が良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を生かし、保管し、協力し合って、その成果と責任を共有する」としています。

PNS🄬は2018年4月に本格導入しました。

看護の可視化による伝承伝授、一人一人の看護師が責任をもって看護する中で、安心して安全な看護を提供することを目指しています。

PNS導入後のメリット

PNSでの看護実践の一日の流れ(日勤)

斗南病院 看護部教育の概念図

『安全で誠実、やさしい看護をめざします』という看護部理念を根底とする
看護を提供できる看護師を育成しています。

教育目標

  1. 豊かな人間性を磨き、一社会人としての生活を誠実に送る態度を育成する
  2. 患者中心の看護を実践するために、倫理観に基づいた価値観や専門職業人としての能力を開発する
  3. 質の高い看護を提供するために、自己研鑽力を身に着け、自己の役割と責任を果たし、組織運営に貢献できる人材に育成する

教育方針

  1. 看護の基本は優しさであり、患者の安全と安楽を守ること
  2. 患者や家族の尊厳を尊重するためには、倫理観を磨くこと
  3. 常に最新の知識や技術を獲得し、活用、研究の視点をもつこと
  4. 看護管理者、先輩看護師が、後輩育成に関心を持ち、寄与すること
  5. 専門看護師、認定看護師の専門性を認知し、活用すること

教育体制

  1. OJT教育とOff-JT教育を行う。
  2. OJT教育はPNS(パートナーシップナーシングシステム)により、二人三脚の看護、看護の伝心伝授で行う。
  3. 新人教育は「新人看護職員研修ガイドライン」に則ってプログラムを作成し、既卒教育も個々のレベルを尊重したうえでプログラムを作成し、実行する。
  4. 看護部教育は基本コース、専門コース、委員会企画からなる。

斗南病院 新人看護師教育

新人看護師概念図

新人看護師は、部署の中でグループに所属し、グループ全体が実地指導者として、成長を支援します。
フレッシュパートナーは、新人看護師が相談しやすく、やる気が持てるような関係を構築し、サポートをします。PNS体制で、尊重、信頼、慮るというパートナーシップマインドを大切に、新人看護師が、依存するのではなく、自ら考え行動し、自立・自律・自助を目指して、チームの一員となれるよう行動を支援しながら教育を行います。

新人看護師研修プログラム

新人看護師教育ガイドラインに沿った研修を1年間かけて行っています。
配属部署では、先輩看護師がPNSの中で一緒に看護をしながら、丁寧に指導をしています。
また、集合研修では、基本的な知識、技術の再確認や、シミュレーションを通して学ぶ急変時対応、看護のリフレクションなどの研修を行っています。同期との交流をすることで、モチベーションの維持にもつながります。

お知らせ

斗南病院ホームページへ